fc2ブログ

Cattery BRANCHE (ボランティア)

動物愛護センター登録ボランティア Catteryで保護した乳飲み猫(赤ちゃん猫)達のブログ

センターより引取り

6月5日センターに幼猫が1腹1匹保護されましたので引取りました。

6月5日引取幼猫
生後3日程度の目の開いていないへその緒がついた子
茶シロ♂グレイ君  尾長
酷い低体温・脱水で収容、口の周りがミルク?でガビガビでした。
3匹兄妹で一昨日1匹、昨日1匹亡くなったとの情報で
見つけた方が、ミルクを飲ませた様です。

いち早く病院で処置をして頂き、血行を良くする為マッサージをしましたが
呼吸の時にポコポコ音がして、偶に口呼吸になるので
誤嚥性肺炎を起こしている可能性が高くチアノーゼも始まっています。
今夜が峠になるかと思います。

【乳のみ猫まめ話】
乳のみ猫は脱水が起こっているとミルクを飲むことが出来ません。
その時に無理やりミルクをあげると、肺に入ってしまい
ミルクの脂分が肺の組織を破壊して酸素を体に取り入れる事ができなくなります。(誤嚥性肺炎)
乳のみ猫の死亡三大要因は、【低体温・低血糖・脱水】ですので、
保護をしたら、先ず温める事と脱水を確認し病院で皮下補液をして貰い
脱水が解決したら、授乳(自分で吸い付く)をする事が大切です。
スポンサーサイト



Last Modified :