fc2ブログ

Cattery BRANCHE (ボランティア)

動物愛護センター登録ボランティア Catteryで保護した乳飲み猫(赤ちゃん猫)達のブログ

令和3年度(2021年度) BRANCHE活動実績

【乳のみ猫保護】
☆引出=乳のみ猫センター引出し
☆他 =乳のみ猫センター以外保護
☆死亡=保護中死亡
☆縁組=縁組数

乳のみ猫前年度繰越保護        2匹

04月:引出 13匹 他 0匹 死亡 0匹 縁組 10匹
05月:引出 18匹 他 0匹 死亡 0匹 縁組 18匹
06月:引出 4匹 他 4匹 死亡 0匹 縁組 8匹
07月:引出 7匹 他 1匹 死亡 0匹 縁組 5匹
08月:引出 18匹 他 0匹 死亡 0匹 縁組 8匹
09月:引出 5匹 他 0匹 死亡 0匹 縁組 2匹
10月:引出 3匹 他 0匹 死亡 0匹 縁組 2匹
11月:引出 0匹 他 0匹 死亡 0匹 縁組 10匹
12月:引出 0匹 他 0匹 死亡 0匹 縁組 14匹
01月:引出 0匹 他 0匹 死亡 0匹 縁組 2匹
02月:無し
03月:引出 2匹 他 0匹 死亡 0匹 縁組 2匹

【令和2年度 BRANCHE総合計】
乳のみ猫年度繰越保護        2匹
乳のみ猫センター引出し      74匹
乳のみ猫センター以外保護      5匹
乳のみ猫BRANCHE保護合計   81匹

乳のみ猫保護中死亡        0匹
乳のみ猫縁組数         81匹
家族に迎えた子          0匹
乳のみ猫新年度繰越保護    0匹

令和3年度も、神奈川県動物愛護センターに収容された
生後0~15日の子達を全てBRANCHEで受け入れる事が出来ました。

令和3年度は保護時の状態の悪い子も多く、
酷い低体温&脱水、口の中が砂だらけで舌は白く2/3が壊死しており
鼻や顔正面に打撲したような跡や手足の先から壊死が進んでいる様な状況で
どうしてこの様になってしまったのか、わからない状況の子や
風邪の症状があまり見受けられない気管支系の風邪を患って収容される子も多く居ました。
後半には哺乳瓶が下手な子や離乳食が安定しない子など
育ててから募集開始の子も目立ちました。

そして、毛色が灰色の子も多かったです。
ロシアンブルー系の灰色やアメショー系のシルバー色
純血の子が血筋に居なければ出ないカラーの子、
長毛では無いけれど、長毛の毛質の子やお顔立ち等々
純血種の血筋を引いている子も例年より多かったと思います。
新型コロナの影響で巣籠りが増え、
純血種を迎えられた方も多かった事が、影響していそうですね。。。

本年(令和4年度)は、一昨年・昨年度に引き続き
新型コロナウイルスの影響がどの程度、収容・縁組に影響をするか解りませんが、
「保護猫にならない猫に育てる事」をモットーに
全ての子達が素敵な里親様とご縁を結べる様に
頑張って行きたいと思います。
スポンサーサイト



Last Modified :