10月17日センターにこの時期にしては異例な幼猫5腹14匹が収容され
たんぽぽの里さまとCatVetさまとBRANCHEで引き出しました。
10月17日引取1
生後2日程度の目の開いて居ないへその緒の付いた子達
キジシロ♂ブドウ君   尾長
三毛♀ネーブルちゃん 鍵尻尾
ノミは無し、酷い低体温で脱水も起こしていました。


10月17日引取2
生後3日程度の目の開いて居ないへその緒の付いた子達
クロシロ♂ゴールド君 尾長
クロシロ♂シルバー君 尾長
ノミは無し、酷い低体温で脱水も起こしていました。

2腹とも哺乳瓶上手で飲んでくれましたが、
低体温を起こした子は1週間以内に急変する事があるので予断は許されません。

【10月21日追記】
三毛♀ネーブルちゃんは、
保護直後のオシッコの色が血尿(茶色)で活力が無かったのですが、
ミルクは飲んでくれていたので、このまま回復してくれればと思っていましたが、
昨夜よりミルクを受け付けなくなり、嘔吐や冷たい所を求める行動になり
21日夕方に、天へ帰りました。
母猫から離されなければ元気に生きた命・・・ せつないです。
スポンサーサイト
Secret