本日 幼猫1腹1匹の収容があり、引き出してきました。
9月29日引取
生後1日程度の目の開いて居ないへその緒の付いた子達
灰シロ♂グリーン君 尾長
活力は有るのですが脱水気味ですので皮下補液をして様子見です。

【10月2日追記】
灰シロ♂グリーン君が朝方天へ帰りました。
ミルクを全く飲まなく皮下補液とカテーテルで繋いで回復を待っておりましたが
回復する事無く、永の眠りにつきました。
元々未熟児だったのか?放棄時間が長く低体温の影響なのか?
先天性疾患などで母猫が育たないと見捨てた子だったのか?
育児箱の中を隙間なく温めていましたが、毛布の上など自ら冷たい場所へ移動して
体温を下げようとする行動が見られ
何度も温めて体をマッサージしても次の時間には体温を落としていました。
亡くなって保護数が減るのは切ないです。
スポンサーサイト
Secret