昨年の後半にも、お手伝い要請が有った横須賀のパピーミル
その時はお手伝いに入る間もなく、
逆切れをされて6頭を他のブリーダーに手放したとなり
良くも悪くも一旦は終息となっておりました。。。が
横須賀のブリーダーがまた…子猫を繁殖という話が浮上!!
当初、動物取扱業も廃業すると約束して居たにも関わらず
真菌で売れないから6頭を拾った猫と偽ってセンターの処分に出し
また繁殖を行っている事が発覚しました。
「お金儲け」と考え繁殖を行い、お金にならない子は処分に出す。
病気や怪我の子は死ぬのを待つ。無理となるとボランティアに泣きつく
気に入らない事が有れば逆切れ そしてまたお金儲けの為繁殖をする
直接会った事は有りませんので想像ですがその様な人に思えます。

第一種動物取扱業は細かく分かれていてこの崩壊主は
猫の取扱業の登録はしていないとの事
なので拾った猫と偽ってセンターに処分に出す事が出来たとの事… 言葉を失います

レスキュー当日、「妊婦が居るから万が一を考えて」とREIに要請が有り
スコティッシュホールド♀三毛ちゃん 推定1歳を保護しました。
スコの出産はチンチラと同じで自分で処理が出来ない事があるので
それも含めの受け入れです。
避妊をするか?堕胎をするか?でも心臓が動いているのに…産ませるべきか
考えが纏まらないまま翌日に出産!!となりこれまでお世話をしてきました。

乳のみの授乳を終えて戻ってくると…何か鳴いている…
へその緒がついて羊膜も付いたままの子が1匹転がっている
そしてもう一匹、へその緒は付いて居なかったものの塗れたまま転がっている
チンチラの出産に慣れているREIでも突然すぎて一瞬パニック(^-^;
数時間後、無事出産を終える事ができました。
8月21日スコ♀三毛1
[広告] VPS

そして早2か月、子猫達も社会化を終え自立し
予防接種・避妊手術も終えましたのでママにゃんの募集を開始します。
子猫達は真菌が終息次第縁組開始予定です。
8月21日スコママ♀キャリコ2
8月21日スコママ♀キャリコ4
この横須賀の子達の救出に
眼球摘出4匹・髄膜炎3匹・子宮蓄膿症・真菌治療・脱肛…
全頭の不妊手術&保護基本医療ケアなど全体で100万円位の医療費の出費となっているそうです。
心苦しいのですが一部を頭数均等で寄付としてご負担をお願いする予定です。
※ 頂きました寄付は経費相殺し出費しているたんぽぽの里さんに渡します。
スポンサーサイト